新しい起業アイデア「有料自習室オーナー」

新しい起業アイデア
「有料自習室オーナー」

「有料自習室イントロベース」FCオーナー制度

身の丈にあった低リスクなスモールチャレンジ。

勉強に集中できる勉強場所 = 有料自習室

大学受験勉強に励む現役生、予備校に通わずに単独で大学合格を目指す浪人生、転職のために新しい資格取得を目指す社会人など有料自習室を利用されたい方はたくさんいます。

有料自習室イントロベースが
シニア起業に選ばれる3つの理由

低初期投資

手持ち資金でできる範囲、または少額の融資でスモールチャレンジ。

低リスク

継続するために毎月の固定費をよりシンプルに。必要な経費と不必要な経費の見極め。

低管理

経験がなくても持ち前の資質があれば大丈夫。必要なスキルはごく当たり前なことだけです。運営に必要なことはお任せください。

低初期投資

可能な限り手持ち資金で、または最小限の融資でスモールチャレンジ。 

平均的な開業費用は、1,055万円。500万円以上の開業費用がかかる割合は、全体の60%にものぼります。
“自習室開業”であれば、開業費用は50万円。なんと開業平均費用の20分の1で始められてしまうんです。

参照元;日本政策金融公庫総合研究所
『2019年度新規開業実態調査』

低リスク

起業で心配なことが毎月の固定費。
売上がたつまで業種業態によっては3ヵ月~6ヵ月、
または一年たってやっと利益化なんてことも。

起業で心配なことが毎月の固定費。
売上がたつまで業種業態によっては3ヵ月~6ヵ月、または一年たってやっと利益化なんてことも。

一般的な飲食店の経費

いわゆる三大経費である「人件費」「食費」「家賃」の合計が85%を占めます。さらに人件費、食材費は人材不足などによる影響により上昇しており、利益を出すことは困難な傾向が続いています。

有料自習室の主な経費

有料自習室の主要経費は家賃のみです。
他業種と比較して主要経費が絞れていることが特徴です。
基本的に、従業員を雇わずに一人でも運営が出来るため、あえて人件費の記載を省いています。

低管理

大切なことは『あなたにとって無理なく継続できそうかどうかだけ』

有料自習室は『自主的に勉強できる場所』を提供する場です。塾や予備校のように利用者に教える必要はありません。

利用者が集中して勉強できる環境を用意できるだけとシンプルです。常に自習室にいる必要もありません。
「勉強に集中できる環境」が維持できているか定期的にチェックするだけです。

『自分にもできるだろうか?』と不安や心配な気持ちになることは当然ですが、有料自習室なら初めて起業する方でも始めやすい事業になっています。

こんな方に向いているかもしれません。

こんな方に
向いているかもしれません。

人との出会いを楽しめる方

誰とでも気兼ねなく話せるようないつも明るい性格ではなくても大丈夫。自習室を利用される方々は社会人、学生に関わらず、魅力的で個性的な方が多いです。
自習室運営の醍醐味はそんな方々と話ができること。日常では味わえない『人との出会い』を楽しんで下さい。

掃除が好きな方

特別綺麗好きである必要はありません。ただ、一旦掃除をしたらとことんやりたくなる、掃除をして綺麗になったところを見ると心がスッキリする方は向いているかも。

ご自身が学ぶことが好きな方

「生涯学習」という言葉があるくらい、何歳になっても学びが終わることはないと思える方は向いているかも。
ご自身も利用者に負けず劣らず「勉強家」の方には合っているかも。

こんな方におススメ!★ シニア起業家 ★

こんな方におススメ!
★ シニア起業家 ★

開業時の年齢

参照元;日本政策金融公庫総合研究所
『2019年度新規開業実態調査』

50歳以上で開業している人は、 全体の25%以上。

平均年齢は43.5歳、
ここ7年連続で増加しています。

最近シニア起業という言葉が流行りつつあります。
定年や早期退職でお仕事を辞められた方がセカンドライフとして起業を選ぶ方が増えています。

実際に日本で起業する方の3割は50歳以上というデータもあります。
それでも簡単に起業といっても色々頭によぎることがあります。

最近シニア起業という言葉が流行りつつあります。定年や早期退職でお仕事を辞められた方がセカンドライフとして起業を選ぶ方が増えています。

実際に日本で起業する方の3割は50歳以上というデータもあります。
それでも簡単に起業といっても色々頭によぎることがあります。

例えば、起業を志す人の・・・

参照元;日本政策金融公庫総合研究所編
『2019年版新規開業白書』

上記のお悩みを解決できるのが有料自習室のFCです。

上記のお悩みを解決できるのが
有料自習室のFCです。

未経験でも安心!
イントロベースのFCサポート

初めての起業、初めての自習室でもまったく心配ありません。
必要なことはすべてサポートします。

出店エリア選定

どこのエリアであれば潜在的に自習室を利用したいと思う方々が通いやすいのか、過去のデータを元にサポートします。

設備と予算のバランス

より良い空間の自習室を創りたくても、予算という制限があります。取捨選択を繰り返し、今できる範囲でより良い空間を作るサポートを行います。

集客と管理

開業してからどれだけ早く集客できるかがポイントとなります。今の時代にあった集客方法と、集客出来てからの対応の仕方をサポートします。

さらに、+αのスパイスを。

FCにあたり基礎となるノウハウはお伝えできますが、
出店地域の特性も加味した内容に修正する必要があります。
どんな自習室であれば顧客に喜ばれるのか、
アイデアを出しあいながら地域にあった自習室を共創しましょう。

FCにあたり基礎となるノウハウはお伝えできますが、出店地域の特性も加味した内容に修正する必要があります。
どんな自習室であれば顧客に喜ばれるのか、アイデアを出しあいながら地域にあった自習室を共創しましょう。

開校までの流れ